HAIR STYLE ヘアスタイル ( 2 )

Category
肌になじむショートカット【@sowi_abe】

肌になじむショートカット【@sowi_abe】

「スタイルは今の感じでいいんですけど、襟足がボテっとしてるのが気になって。。。」という新規のお客様 以前のカットもいい感じにしてもらってたように見えるけど、生えグセのせいで浮きやすかったんだと思います。 なので、襟足の生え際にギミック入れて収まりやすく肌なじみするようにカット。 めちゃ喜んでもらえました!! スタイリン...
フェイクブラック×ショートヘア【@sowi_abe】

フェイクブラック×ショートヘア【@sowi_abe】

就活前にフェイクブラック 黒色/ブラウンを使わずにトーンダウン 深いグレーで色味を乗せていくので、今後のトーンアップの邪魔になりにくいです。 内定後すぐにあかるくする予定なら、なるべく黒染めは避けたほうがいいです。 後のカラーでブリーチをしてもモノによっては抜けが悪く、1回のブリーチで済むレベルのものも2回3回としなけ...
襟足の収まりのキレイなショートヘア【@sowi_abe】

襟足の収まりのキレイなショートヘア【@sowi_abe】

最近、ショート/ショートボブのオーダーが増えています。 けど、ショートヘアって手入れが大変ていうイメージありませんか? 乾かしたり洗うのは絶対的に楽なんだけど、スタイリングが難しいと。 ボブやロングと比べると、どうしても押さえておきたいポイントがいくつかあります。 その中で、今回は襟足のおさまり。 襟足がドスッと重い、...
オトナ姫カット×ナチュラルミルクティ【@sowi_abe】

オトナ姫カット×ナチュラルミルクティ【@sowi_abe】

「長さはキープしたい。」ということで、姫カット導入しました。 ストレートでもかわいいけど、かるく波ウェーブ加えると今ぽくなりますよね♪ 今回カラーは、中明度からアッシュミルクティーカラーでトーンアップ 外に出るといい感じの明るさに♪ 超低刺激のアジュバンプラチナムシャンプーで髪をなめらかに整え N.ポリッシュオイルで質...
ハイライト×ショートヘア【@sowi_abe】

ハイライト×ショートヘア【@sowi_abe】

ショートヘア×ハイライト 表面長めのショートヘアやハンサムショートなら、ハイライトも映えますよ♪ ベースはアッシュブラウンに整えつつ、ミルクティーカラーのハイライトを 派手にならないように、根元よりは暗めに仕上げるのが雰囲気良く見せるコツ。 色々ヘアスタイル楽しみましょうね♪ N.ポリッシュオイルを馴染ませて、32mm...
ハイトーンアッシュグレー【@sowi_abe】

ハイトーンアッシュグレー【@sowi_abe】

ブリーチを重ねてハイトーンアッシュグレー ブリーチ2回から3回ぐらいでいけます。 髪への負担も大きいので、一旦2回のブリーチでできる範囲でくすませて。 次回来店でブリーチ重ねていくみたいな流れが比較的ダメージをおさえてくれると思います。 カラーのメンテナンスはN.シルバーシャンプー アイロン前にN.ポリッシュオイルで質...
ハイライト×ラインボブ

ハイライト×ラインボブ

赤みの強かった髪をアッシュブラウンのベースに整え、ミルクティーカラーのハイライトを いい感じにスタイルチェンジできました。 ハイライトは、量や幅、入れる場所のコントロールで見せ方も色々です。 イメージに合わせていきましょう! 今回は、モッロカンオイルをアフターバス剤として N.ポリッシュオイルをアイロン前に。 同じオイ...
ハイトーンミルクティーベージュ

ハイトーンミルクティーベージュ

ブリーチカラーからのハイトーンミルクティーベージュ 高明度からなら1ブリーチで。 低明度や明るくなりにくい髪質なら2ブリーチでいけます。 ブリーチをすることで、髪のメラニン色素を壊し透明感のあるベースをつくります。 しっかり染まっているのに、透明感がでるのはそのためです。 逆に言えば、透明感を求めないミルクティーカラー...
「痛むからブリーチは嫌!」という人へのワンステップ

「痛むからブリーチは嫌!」という人へのワンステップ

こういったくすみの効いたやわらかいカラーは、ブリーチの施術をしないと再現が難しいです。「でも、全頭ブリーチは傷みそう。。。」確かに。ブリーチは傷みます。sowiではケアブリーチ剤を使っていますが、それでも通常カラーと比べれば傷んでしまいます。「絶対今よりダメージするのは嫌!」という人には無理ですが、比較的近い雰囲気を出...
切りっぱなしボブ × ヌーディーグレージュ

切りっぱなしボブ × ヌーディーグレージュ

「 MUSUBI project 心地よいセンスとつながりで価値をデザインする 」最初は小さなMUSUBI(結び)でいい。人が心地よく楽しくなれるMUSUBIをつくる。徐々にたくさんのMUSUBIをつくって、色んな結び方して、新しい価値をデザインする。▷「MUSUBI project」▷MUSUBI project 「...